税理士が書いた税金対策のコラム6

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

国民健康保険税って高い安い?

毎年7月頃になると、市町村から送られてくる国民健康保険税の納税通知書。

 

普段、病院にかからない方にとっては税額を知っておどろくことと思います。反対に病院通いが続いている方はありがたいと感じていることでしょう。

 

ではなぜこのような税額になるのか、今回は国民健康保険税の計算について考えていきます。

 

国民健康保険税は、以下の4つの要素を集計して課税が行われます。

 

所得に応じ課税される所得割

 

資産に応じ課税される資産割

 

世帯の人数に応じ課税される均等割

 

世帯に課税される平等割

 

ですから、たとえ所得が少ない人で所得割がかからなくても、資産が多くあれば資産割がかかるので、一概に所得がない人が国保税が安くなるともいえない訳です。

 

逆に、所得が少なく資産がない人でも世帯人数が多ければ均等割が多くかかるのです。

 

ですが国保税は、世帯合計の所得金額が一定金額以下の場合には、税額が軽減されます。(群馬県太田市の場合、7割減・5割減・2割減があります。)

 

国民健康保険税は、このように課税されるため人によっては他の税金は無税だとしても、国保税だけは課税されるので高いと感じてしまうのかもしれません。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。