税理士が書いた税金対策のコラム1

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

所得税・消費税を口座振替にするとお得?

所得税・消費税を口座振替にして資金繰り対策

個人事業者の所得税・消費税の納付期限を約1ヶ月延ばす方法をご存知でしょうか?

 

税金を納付期限までに支払しないと延滞税が課されますが、個人事業者の所得税・消費税については口座振替の方法で納税する場合、約1ヶ月位納付期限を延ばすことができます。

 

所得税・消費税の振替納税の手続方法

振替納税をするためには、振替納税の新規申込の葉書(用紙)を所轄の税務署に提出するだけです。

 

用紙は税務署でもらうことができます。また、所得税の確定申告書の手引にもついているので、興味のある方は利用してみてください。

 

口座振替の手続きの期限は、納期限までとなります。つまり、所得税でいえば、納期限の3月15日までに提出すれば、その時の税金から振替納税できるようになります。

 

振替納税の手続きには銀行の届出印を押印する必要がありますが、印影が不鮮明の場合は、振替納税ができない場合がありますのでご注意ください。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。