税理士de記帳代行.net 税理士が運営する記帳代行サービス

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

税金対策のコラム記事一覧

所得税・消費税を口座振替にするとお得?

所得税・消費税を口座振替にして資金繰り対策個人事業者の所得税・消費税の納付期限を約1ヶ月延ばす方法をご存知でしょうか?税金を納付期限までに支払しないと延滞税が課されますが、個人事業者の所得税・消費税については口座振替の方法で納税する場合、約1ヶ月位納付期限を延ばすことができます。所得税・消費税の振替...

≫続きを読む

出張時のグリーン券は経費扱いになるの?

出張時の鉄道グリーン券は経費で大丈夫?今回は、電車で出張した際のグリーン券は経費になるのかについての話題です。出張の際には、日常業務とは異なる環境での仕事になるため、肉体的にも精神的にも負担がかかるものです。そこで、せめて移動中の負担を軽減するため、グリーン車やビジネスクラスなど普通より上のクラスで...

≫続きを読む

カーナビと税金対策

自動車取得税は新しく自動車を取得すると、自動車取得税がかかります。自動車取得税は、自動車を購入した場合にその取得者にかかる道府県税で、取得価格の5%(営業用及び軽自動車は3%)が課税されるものです。100万円の新車を購入した場合はその5%、5万円が課されることになります。自動車取得税は車両の本体価額...

≫続きを読む

会社の慰安旅行の注意点

4泊5日以内で全従業員の50%以上が参加最近は減少傾向にあるかもしれませんが、多くの会社が従 業員の慰安旅行を実施しますが、会社が負担するその費用 が、常識の範囲内の額であれば、福利厚生費としての処理 が認められ、全額が会社の経費になります。具体的には形式基準1.旅行日程が4泊5日以内2.全従業員の...

≫続きを読む

不動産管理会社が行う不動産管理業務とは?

今回は不動産管理会社の設立が税金対策上で有効とされるとした場合の、管理会社が行う不動産管理業務の内容についての話題を取り上げてみます。不動産管理業務の内容不動産管理会社が実質的に行う不動産管理業務は、一般的に以下の業務が考えられます。建物等の保守・修理点検・清掃業務賃借人の募集・賃貸借契約の締結や更...

≫続きを読む

交際費から除外される飲食費5,000円基準とは

飲食費用でも交際費から除外されることがありますがご存知でしょうか?なお交際費から除外されればそのままの金額が必要経費となります。最近、景気対策がさかんにいわれていますがどうしても大企業が中心で、中小企業に浸透するまでに時間がかかるのが実際のところでしょう。このような背景から飲食業に対する対策や取引先...

≫続きを読む

国民健康保険税って高い安い?

毎年7月頃になると、市町村から送られてくる国民健康保険税の納税通知書。普段、病院にかからない方にとっては税額を知っておどろくことと思います。反対に病院通いが続いている方はありがたいと感じていることでしょう。ではなぜこのような税額になるのか、今回は国民健康保険税の計算について考えていきます。国民健康保...

≫続きを読む

住宅取得資金贈与の非課税特例

住宅取得等資金贈与の非課税制度とは、住宅を購入するための資金の贈与を受ける場合、財産をもらう側からみて、財産をあげる側が直系尊属である場合、平成24年中の贈与であれば1,000万円(省エネ住宅・耐震住宅の場合1,500万円)まで贈与税が非課税となる制度です。この制度は、親子間贈与だけでなく祖父母間贈...

≫続きを読む

平成26年4月1日から印紙税の非課税範囲が拡大

領収証などに貼る印紙の非課税範囲が現在の3万円未満から5万円未満へ拡大されます。消費税が平成26年4月より5%から8%へ引き上げられる話題については前回とりあげました。今回は、普段印紙を使う機会が多い事業主には、うれしい話題となるかもしれません。いままで、領収証に3万円以上受け取った際に貼っていた印...

≫続きを読む