税理士de記帳代行.net 税理士が運営する記帳代行サービス

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

消費税のコラム記事一覧

消費税の確定申告と還付申告

消費税の納税義務者と申告期限消費税の課税事業者(基準期間の課税売上高が1千万円超の事業者)は、課税期間の末日の翌日から2か月以内に、所轄税務署長に対し確定申告書を提出し消費税を納付しなければなりません。消費税の課税期間は、個人事業は暦年(1月1日から12月31日)、法人事業は事業年度が原則とされてい...

≫続きを読む

駐車場経営における消費税の区分

駐車場経営における消費税の区分今回は、駐車場を経営する際に判断に悩む消費税の課税区分についての話題です。単なる土地の貸付は、消費税は非課税です。しかし、貸付期間が1ヶ月未満の場合(例えば、2週間だけ駐車場として貸した場合など)や、駐車場施設の利用に伴う土地が使用される場合には、消費税が課税されます。...

≫続きを読む

法人設立時の資本金1,000万円未満と納税義務免除

法人設立と資本金1000万円法人を設立するには、平成18年5月の会社法施行日前までは、株式会社の設立には、資本金1,000万円が必要でした(もっとも資本金の多寡にかかわらず、確認株式会社の設立も可能でしたが)。有限会社より株式会社の方が対外的な信用面で大であるという観念が根強く、会社設立にあたっては...

≫続きを読む

支払った消費税が全額控除できない場合?

消費税の課税売上割合が95%未満となった場合は仕入控除税額が制限消費税の確定申告にあたり原則課税方式を選択している場合は、課税売上割合(課税売上と非課税売上の合計に占める課税売上の割合)が95%以上であれば、支払った消費税は、受取った消費税から全額控除することができます。ところが土地や株式の売却・土...

≫続きを読む

輸出入取引と消費税

輸出入取引を行なう事業者にとって、貿易条件に関する知識は欠かせません。この貿易条件に関して、国際取引慣習として普遍的に使用されている標準的取引条件の解釈に関する規則があります。これが、インターナショナル、コマーシャル、タームズで、略して「インコタームズ」と呼ばれています。輸出入貿易取引インコタームズ...

≫続きを読む

消費税の中間申告は複雑?

消費税の中間申告が必要な事業者消費税の課税期間が3か月を超える課税事業者は、直前期の確定消費税額の金額次第で消費税の中間申告を行う必要があります。中間申告の回数と税額直前期の消費税額が年額48万円以下(地方消費税を含めると60万円以下)の場合中間申告の義務はありません。直前期の消費税額が年額48万円...

≫続きを読む

平成26年4月1日から消費税率が8%に引き上げ

消費税が平成26年4月1日から改正され、5%から8%へ引き上げられます。消費税が8%になることは、多くのみなさんもご存じかと思われます。さかのぼると平成元年に消費税が導入され3%の税率でスタートしました。その後、平成9年に5%に引き上げられます。それで今回、平成26年4月に8%となり、その後平成27...

≫続きを読む

消費税率引き上げ前後の経過措置

平成26年4月から消費税率が5%から8%へ引き上げられることは以前お伝えしました。今回は、消費税が上がる前にお家を建てたいと考える方へ注意する点がありますのでお伝えいたします。消費税増税と所得税の新住宅ローン控除の関係新築住宅の請負契約する際、平成26年4月1日前に契約すれば現行の消費税率である5%...

≫続きを読む

コピー機械等のメンテナンス料金を受取時の消費税率は5%か8%か?

今回は、平成26年4月をまたぐ1年間のサービス提供料金を受取った場合の消費税率は、5%なのか8%なのかについてです。平成26年3月中に、1年間の機械メンテナンス料金を受取った場合、消費税法の適用はどうなるでしょうか?原則的には、提供する機械メンテナンスサービスがすべて終了した日で判定するとされており...

≫続きを読む