記帳代行の料金について

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

記帳代行サービスの料金表

記帳代行・確定申告おまかせパック料金のご案内

税理士de記帳代行.netでは、記帳代行サービスの料金をお客様にとって明確でわかりやすいことを第一に考え、日常の会計帳簿作成から決算時の確定申告まですべてのサービスが含まれるパック料金となっております。
個人事業と法人事業で料金設定が異なりますので以下のパック料金表をご確認ください。
なお、仕訳コースの意味については最後に解説しておりますので参考にしてください。

個人事業のおまかせパック料金

税理士に記帳代行をお願いすると、いくらかかるのだろうという不安がありませんか?

 

そんな声にお答えして毎月の記帳代行や決算時の確定申告さらには、税務相談などのサービスがすべて含まれるおまかせパック料金を設定いたしました。(仕訳数に応じた料金設定)

 

 

仕訳数の意味については、このページの下で解説しております。ご覧になってください。

 

 

 

 

 

月の仕訳数が100仕訳までの個人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、180,000円(税抜き)

 

 

 

 

月の仕訳数が200仕訳までの個人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、300,000円(税抜き)

 

 

 

 

月の仕訳数が300仕訳までの個人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、420,000円(税抜き)

 

 

法人事業のおまかせパック料金

税理士に記帳代行をお願いすると、いくらかかるのだろうという不安がありませんか?

 

そんな声にお答えして毎月の記帳代行や決算時の確定申告さらには、税務相談などのサービスがすべて含まれるおまかせパック料金を設定いたしました。(仕訳数に応じた料金設定)

 

 

仕訳数の意味については、このページの下で解説しております。ご覧になってください。

 

 

 

 

月の仕訳数が100仕訳までの法人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、300,000円(税抜き)

 

 

 

 

月の仕訳数が200仕訳までの法人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、420,000円(税抜き)

 

 

 

 

月の仕訳数が300仕訳までの法人事業が対象です。

 

毎月の記帳代行から決算時の確定申告まですべて含めて年間支払合計金額は、540,000円(税抜き)

 

 

仕訳数に応じた料金設定って何?

税理士de記帳代行.netの記帳代行・確定申告おまかせパックの料金は、仕訳数に応じて設定されています。そこで、仕訳数について説明させていただきます。

 

【例1】 Aさんの例です。Aさんの会社は個人事業です。経理関係の資料として、預金通帳と現金出納帳があります。Aさんの場合の仕訳数はいくつになるのでしょうか?

 

預金通帳と経費の領収書を用意します。

 

預金通帳に印字されている行数を数えてください。数えてみると、1ヶ月間で20行ありました。

 

次に、領収書の枚数を数えます。数えてみると1ヶ月間で領収書が50枚ありました。

 

この場合、預金通帳に20行と、領収書が50枚(50行)で合計仕訳数は70行となります。

 

Aさんの例を上の記帳代行の料金表にあてはめてみます。

 

上の記帳代行・確定申告おまかせパック料金(個人事業)の表をみると、1ヶ月間の合計仕訳数は70行でした。つまり100行以内でしたので、100仕訳コースで月額15,000円(税抜き)となります。

 

つまり、個人事業の場合には、1ヶ月間で100行以内であれば、月額15,000円(税抜き)です。

 

また法人事業の場合は、1ヶ月間で100行以内であれば、月額25,000円(税抜き)となります。

 

仕訳数に応じた料金設定について理解いただけたでしょうか?