税理士が書いた投資と税金のコラム5

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

上場株式等に係る譲渡損失の損益通算と繰越控除

上場株式を譲渡し損失がでた場合、確定申告をすることにより、翌年以降3年間にわたり株式に係る譲渡所得から控除できることをご存知ですか?

 

上場株式を金融商品取引業者を通じて売却したことにより生じた損失がある場合には、平成21年分以降確定申告により株式等にかかる譲渡所得の金額と相殺できるのです。

 

なお、株式等の譲渡がなかった年も譲渡損を翌年へ繰り越すためには、確定申告が必要ですので注意してください。

 

この特例を適用するための要件

 

上場株式に係る譲渡損失と上場株式に係る配当所得との損益通算をする場合には、適用年分の確定申告書に適用を受ける旨を記載することが必要です。

 

また、「所得税の確定申告書付表」および「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」の添付も必要となります。

 

なおこれでも控除しきれない譲渡損失があり、翌年以降にその譲渡損失を繰り越す場合には、次の手続きが必要となります。

 

上場株式に係る譲渡損失が生じた年分の所得税につき、「所得税の確定申告書付表」および「株式に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を添付した確定申告書を提出すること。

 

その後も連続して「所得税の確定申告書付表」の添付のある確定申告書を提出することが必要です。

 

これらの要件を満たすことで、上場株式等に係る譲渡損失を3年間繰り越すことができるのです。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。