税理士が書いた投資と税金のコラム4

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

FX会社によって認識が異なるスワップポイントと損益

FX会社によって認識が異なるスワップポイントと損益

今回は、外国為替証拠金取引(FX)における注意点のひとつである、スワップポイントの収益認識時期についての話題です。

 

スワップポイントとは、金利が異なる通貨を売買することで発生する2国間の金利の差分をいいます。これには、受け取る場合と支払う場合とが考えられます。

 

ですので、FXの利益は、【為替差損益+受取スワップ-支払スワップ-必要経費】となります。

 

この際の注意点としてFX会社によって未決済取引のスワップポイントが、決済されていなくても損益に算入するFX会社と、決済されていない場合は損益に不算入のFX会社があることです。

 

このため、確定申告をする際にこの点を注意しないと、所得税の金額を正しく計算できないこともあるため注意が必要です。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。