税理士が書いた投資と税金のコラム1

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

FX(外国為替証拠金取引)と脱税

FX(外国為替証拠金取引)と脱税の話題

FX(外国為替証拠金取引)と脱税の話題外国為替証拠金取引のことを通称(FX)と呼んでいます。

 

昨年FX(外国為替証拠金取引)による脱税ニュースが巷を騒がせました。
所得税の脱税額も億円単位の話です。

 

脱税した人のなかには主婦や高齢者の方もいました。
所得税を脱税するからには、それ以上の儲けが出ているのが当たり前のはずです。

 

どうしてFX(外国為替証拠金取引)でそんな利益が可能なのか、FX(外国為替証拠金取引)とは何者か、FX(外国為替証拠金取引)どのような取引なのか知っておいて損はないと思います。

 

FX(外国為替証拠金取引)と外貨預金との違い

FX(外国為替証拠金取引)と外貨預金との違いFX(外国為替証拠金取引)とは、1998年の外為法改正によって生まれた歴史の浅い取引です。

 

FX(外国為替証拠金取引)とよく混同しやすいのが外貨預金ではないでしょうか。
外貨預金は円をドルに換えて保有し、決済のときにドルを円に換えて元本と利息を受取ります。

 

FX(外国為替証拠金取引)の場合は、取引業者に預けたお金(外国為替証拠金)は損を出した場合の担保として保管されます。

 

決済の時に為替の差額部分とその間の利息部分を受取る又は支払うことになります。
FX(外国為替証拠金取引)は、このように差金決済となります。

 

差金決済である以上、FX(外国為替証拠金取引)は元本を全部必要とはせず少額で取引を行うことが出来ますので、大きな利益を生むこともあり、大きな損失を被ることもあります。

 

例えば、FX(外国為替証拠金取引)で取引業者に100万円を差金担保として拠出した場合、元本は1億という外貨預金で取引していると決めることも可能です。

 

また、FX(外国為替証拠金取引)と異なり、外貨預金の場合は買いから入ることしか出来ません。FX(外国為替証拠金取引)では、買いからも売りからも入ることが出来ます。

 

つまり、FX(外国為替証拠金取引)では円高になると予想すれば、ドルを売って円を買うという取引を行うことが可能となるわけです。

 

FX(外国為替証拠金取引)でいうスワップ金利とは

FX(外国為替証拠金取引)でいうスワップ金利とはFX(外国為替証拠金取引)で得られる利益には、大きく分けて二つあります。

 

一つは為替差益を享受することと、もう一つはスワップ金利を享受することです。
FX(外国為替証拠金取引)でいうスワップ金利とは、二国間の金利の差をいいます。

 

FX(外国為替証拠金取引)でドルを買って円を売った場合、アメリカが2%の政策金利で日本が0.5%の政策金利だとすると、年1.5%の金利が毎日口座に反映する仕組みとなっています。

 

逆に、FX(外国為替証拠金取引)で円を買ってドルを売った場合、年1.5%の金利を毎日口座から差し引かれることになります。

 

FX(外国為替証拠金取引)では、高金利通貨を買って、低金利通貨の日本円を売ることにより、スワップ金利を大きく享受しようという戦略も考えられるようです。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。