税理士が書いた法人税のコラム2

記帳代行のお問合せ電話番号 メールフォームでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。

少額減価償却資産はややこしい

少額減価償却資産とは

会計上は、重要性の原則により本来1年以上にわたって使用する減価償却資産(固定資産)であっても取得価額が少額のものは、取得した事業年度の費用として処理することが出来ます。

 

何を持って少額とするかは、企業規模やその資産の重要度で各企業の判断に委ねております。

 

法人税では詳細に規定

一方、法人税法では30万円未満の減価償却資産について細かく定めています。

 

1. 10万円未満の減価償却資産

 

少額減価償却資産として、取得し事業の用に供した事業年度の損金とすることができます。

 

2. 20万円未満の減価償却資産

 

一括償却資産として、取得し事業の用に供した事業年度を含む3年間での損金経理を認めています。

 

3. 30万円未満の減価償却資産

 

中小企業者(資本金1億円以下の法人)の特例として年間300万円までについては、取得し事業の用に供した事業年度の損金とすることができます。

 

法人税でややこしいのはここから

ややこしい原因は、上記1〜3の要件が全てダブっている点です。

 

最も有利に適用する場合は、

 

イ) まず10万円未満の減価償却資産は1を適用

 

ロ) 20万円以上30万円未満の減価償却資産には3を適用

 

ハ) 上記ロ)が年間300万円に満たない場合には、10万円以上20万円未満の減価償却資産に3を摘用し超える部分に2を摘用することとなります。

 

消費税はどうなるの

消費税は、消費税を税抜き処理をしている企業は、消費税抜きの価額で判断し、税込み処理をしている企業は、消費税込みの価額で判断します。

税理士が配信するお役立ち情報

税理士de記帳代行.netは、面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する会社です。

 

事業主の方に役立つ情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。
なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

 

当サイトの記事は、掲載日現在の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは考えられません。ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。